日食観測ツアーならジャパトラ

コロナ写真
ジャパトラではネイチャーフォトステージ・秀、株式会社スターショップの全面協力の下、日食インストラクターを選任し、各日食ごとの観測に最適な場所を選択。当日も日食観測、日食撮影をお楽しみいただけるように、万全のサポート体制でツアーを企画・実施しております。

また、旅行会社ならではのオプションツアーをご用意し各地の名所や食を楽しんだり…日食だけでなく観光も楽しむプランを多数ご用意しております。ジャパトラの日食観測ツアーで感動の旅をご満喫ください。

【過去のツアー実績】
1991年7月:ハワイ島(約800名参加)
1995年10月:タイ(約400名参加)
1997年3月:モンゴル・ロシア(約350名参加)
1999年:ヨーロッパ(約300名参加)
2001年6月:アフリカ(約150名参加)
2006年:トルコ(約220名参加)
2009年:中国・嘉興(約230名参加)
2010年:イースター島(約20名参加)
2012年:オーストラリア・ケアンズ(約200名参加)


過去の日食ツアー

<2012年11月14日>
豪州・ケアンズ【皆既日食】
ツアーレポート(PDF)はこちら>>>
ツアー詳細はこちら>>>
<2010年 7月11日>
イースター島【皆既日食】
ツアー詳細はこちら>>>
<2010年 1月15日>
中国・雲南省【金環日食】
ツアー詳細はこちら>>>
<2009年 7月22日>
中国・嘉興【皆既日食】
ツアーレポートはこちら>>>
現在募集中の日食ツアー
現在募集中のツアーはございません。
今後の日食ツアー予定
ツアー詳細が決定次第、
ご案内(掲載)いたします。


日食って何?

日食の図

日食は上図のように、太陽・月・地球が自転と公転の関係で一直線に並ぶときに起きる天体現象です。地球から見ると太陽の前を月が横切るため、太陽光が遮断されます。しかし、月は地球よりも小さいので、地球全体に陰を落とすことは出来ません。そのため、太陽の一部を月が覆う部分日食が見られる地域と、完全に太陽を隠す皆既日食を見られる地域に別れてしまうのです。2009年7月22日の日食の際、日本では一部の離島を除いてはほとんどの地域が部分日食となります。

■日食の種類
部分日食イラスト

月が太陽を部分的に隠す状態となります。2009年7月22日の日食では、日本のほとんどの地域で、この部分日食を見ることが出来ます。太陽が月によって隠される度合いを食分といいますが、食分が大きな地域でも若干空が暗くなる程度です。
金環日食イラスト

太陽・月・地球が一直線に並びますが、見かけ上の太陽の大きさが月よりも大きい状態となります。(太陽の大きさ > 月の大きさ)三つの天体の距離によってこのような状態になりますが、これも若干空が暗くなる程度です。
皆既日食イラスト

太陽・月・地球が一直線に並び、かつ見かけ上の太陽の大きさが月よりも小さい時に起こる現象です。(太陽の大きさ < 月の大きさ)陽が落ちた後のように空は暗くなり、気温も低下します。神秘的な光景を目の当たりにすることができます。
<2010年〜2020年の間に見られる日食一覧表>
日付 日食の種類 観測可能地域
2010年01月15日
金環
アフリカ中部、モルディブ、インド南部、スリランカ、ミャンマー、中国。西日本中心に部分日食。
>>>ツアーの詳細はこちら!
2010年07月11日
皆既
イースター島を含むポリネシア、チリ南部およびアルゼンチン南部。
>>>ツアーの詳細はこちら!
2011年01月04日
部分
ヨーロッパ大陸では日の出直後に食が最大となる。北アフリカから中東まで広い範囲で部分食を観測できる。食分は最大0.858
2011年06月02日
部分
アイスランド、グリーンランド、アラスカ州、カナダ北部、ロシア沿海州などで部分食を観測可能。日本では北日本を中心に見える。最大の食分は0.601
2011年11月25日
部分
南極大陸、南アフリカ共和国、タスマニア州(オーストラリア)、ニュージーランド南部で部分食。最大の食分は0.905
2012年05月21日
金環
日本ではトカラ列島、屋久島、種子島、九州地方の一部(中部から南部)、四国地方の一部、近畿地方南部、中部地方南部、東海地方の大部分、関東地方の大部分、東北地方南部で観察可能。その他の地域でも部分的に欠ける。
2012年11月14日
皆既
オーストラリア北部(ケアンズなど)で観測できる。
>>>ツアーの詳細はこちら!
2013年05月10日
金環
オーストラリア、ニュージーランド、太平洋中部
2013年11月03日
金環
皆既
中部アフリカ(ガボン、コンゴ共和国など)、東アフリカ(ウガンダ、ケニヤ、エチオピアなど)で観測できる。
2014年04月29日
金環
インド南部、オーストラリア
2014年10月23日
金環
北太平洋、北アメリカ
2015年03月20日
皆既
北極、アイスランドなどで観測できる。
2015年09月13日
金環
南アフリカ、南インド、南極
2016年03月09日
金環
インドネシアで観測できる。日本では部分的に欠ける。
2016年09月01日
皆既
アフリカ、インド洋
2017年02月26日
金環
南米、アフリカ、南極
2017年08月21日
皆既
皆既日食帯がアメリカ合衆国を横断。アメリカ西部(西海岸オレゴン州)から東部(サウスカロライナ州)まで幅広い範囲で観測できる。
2018年02月15日
部分
南極、南米
2018年07月13日
部分
ヨーロッパ、北西アジア
2018年08月11日
部分
北欧、北西アジア
2019年01月06日
部分
北西アジア、北太平洋。日本でも見える
2019年07月03日
皆既
東太平洋、南米のチリ、アルゼンチンで観測できる。
2019年12月26日
金環
南太平洋、南米。関東より北で日没帯部分日食。
2020年06月21日
金環
アフリカ、南東ヨーロッパ、アジア。日本全国で部分日食が観測可能。
2020年12月14日
皆既
南米チリ、アルゼンチン(パタゴニア)
【旅行企画・実施/お問い合せ】
株式会社ジャパトラ 『皆既日食ツアー専用デスク』
観光庁長官登録旅行業第1807号 一般社団法人日本旅行業協会正会員
担当:蛯名(えびな)・名取(なとり)
東京都千代田区神田富山町9番地 千代田第3手塚ビル3階
総合旅行業務取扱管理者:佐 藤 勇 次
受付時間:平日09:00-18:00(土・日・祝休業)
☆ツアー専用ダイヤル 03-5289-0109
ジャパトラロゴ